iPhone 6 Plusを見てきて思ったこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

141004 0001

 昨日、近所の家電量販店に行って、iPhone 6 Plusを見てきた。
 私はiPhone 6を購入したので、iPhone 6 Plusがどれくらい大きいのかを見に行ったのだ。
 確かに大きかったことは大きかったのだが、私が想像していたのよりは大きくはなかった。

 今、私はiPhone 6を使っているというのもそんなに大きく感じなかったことの要因なのかとは思う。
 iPhone 5からiPhone 6 Plusに移行するとなるとその大きさに戸惑うかもしれない。

 SafariはiPhone 6 Plusの大画面に対応しているので、それほど違和感はなかった。
 巷で「老眼らくらくホン」等と言われていてるが、こんなことを言う人は思慮深い人とは言えない。脊髄反射的に発言したものとしか思えない。

 iPhone 6 PlusはiPhone 2Gからの進化からちょっと外れた端末になると思う。
 iPhone 5Sまで一本道であったiPhoneの進化が、iPhone 6とiPhone 6 Plusとで二つの分かれ道に入ったと思っていいだろう。
 iPadをさらに小さくしたのではなく、iPhoneを大きくした意味を考えれば「老眼らくらくホン」なんて言葉は思いつかないはずだ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存