OS X YosemiteのSafariの出来がいいのでChromeから移行しようと思う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

141020 0001

 先日、メジャーアップデートされたOS X Yosemiteを数日使ってみた。
 OS XとiPhoneの連携機能等の新機能が追加されたが、私はそれよりもSafariのアップデートが一番良かったと思っている。

 今やコンピュータで一番使うアプリケーションはウェブブラウザだ。ウェブブラウザが快適でないとそのコンピュータは使いづらいと言ってもいいかもしれない。

 つい先日まで私のメインブラウザはGoogle Chromeであった。
 Google Chromeは読み込みが早く、しかも拡張機能が豊富でパワフルだ。常時使用するには充分なブラウザだ。
 しかし、そのChromeを超えたと思えるのがSafari 8.0だ。

 Appleは先日のイベントでSafariのJavaScriptが他のブラウザに比べて速いと言っていたが、確かに速くなっている。
 それが実感できるのがGMailだ。
 ChromeでGmailを操作している時に比べ、二割ほど速く動作しているように思える。
 SafariとChromeではメモリの使い方が違うだろうから、公平な判断はできないかもしれないが、私の体感ではSafariのほうが速い。

 そして、私が魅力的に感じたのはSafariのUIだ。
 凄くシンプルなUIになっており、ゴチャゴチャ感が全く無い。
 Safariのように歴史が長いソフトウェアというのは、色んな機能を取り込んでUIがゴチャゴチャになりがちであるが、Safariは非常にシンプルにまとまっている。

 確かにChromeの多くの拡張機能を捨ててSafariに移行するのは冒険な気もする。
 Safariの拡張機能にEvernoteとPocketがあるので、後はなんとかなりそうだと思いながらしばらくはSafari一本で頑張ってみようと思う。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存