iPhone6は大画面化したのが成功のカギだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

Screen shot 2014 10 06 at 10 42 57

 iPhone 6の発売が開始されてから、私の周辺の人のでiPhoneの割合が多くなってきた。
 今までiPhone 5Sだった人はそのまま5Sであるが、それまでAndroidだった人がiPhoneに替えた人もいるし、ガラケーだった人がiPhone 6に替えた人もいる。

 上記の記事では、Appleがタイミングよく大画面化したという記事であるが、私もそう思う。

 iPhone 6が出るまで私は大画面化は反対だった。理由は片手で操作しづらいというものであるが、それはそんなに大きな問題ではないということが実際使ってみて分かった。

 それよりも、大画面化はそれまでiPhoneにそんなに興味がなかった人にも、iPhoneを買わせるだけの説得力があったということだろう。
 iPhoneという名前のブランド力と大画面という理由で今iPhoneは売れているんだと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存