ToDoリストのアプリのリマインダー機能を積極的に使ったほうがいいと思った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
広告1 レスポンシブ

IMG 3576

 ToDoリストのアプリを使っていると、なんか自分が「仕事が出来る人」になった錯覚をしてしまう。

 ToDoリストに「やらなければならないこと」を入力することは楽しいのだが、それを実行するとなるとなかなか手がつけられないのが実情だ。
 最初の一個か二個に手をつけて、そのあとのタスクは放置してしまい、ToDoリストがどんどん長くなってしまう。

 これはどういうことか。
 人はToDoリストにタスクを追加することで満足感を得てしまい、半分それをやった気になってしまう。
 この現象に名前はあるのだろうか?

 これは私の悪い癖で、なかなか治らないのが悩みのタネだった。

 大抵こういう時は比較的仕事が暇な時で、やらなければならないことであるが、緊急ではない仕事なのでそれは後でもできると頭のなかのどこかで思ってしまい、手を付けないのだと自分で分析した。

 逆に、本当に仕事が忙しく期限が迫っている時は、ToDoリストにタスクを追加する時間さえ勿体無く思って、その仕事に集中している自分がいるということも知っている。

 そうなのだ、自分は忙しければ真面目に仕事をする人間なのだ。

 であれば自分で自分を忙しくしてしまえば良い。

 ToDoリストアプリには期限が決められるのだ。これを利用しない手はない。
 期限は日付と時間を設定できるものが良い。
 なおかつ、リマインダー機能を使うとiPhoneに通知が来るので、切羽詰まっている感じがしてなおよい。
 私は、期限を開始時間として使っている。この時間が来たらこの仕事をするといういルールにした。

 例えば以下のように期限を設定する。

 15日 10:00 A部長に提出する提案書の作成をする
 15日 11:00 会議の議事録の清書を作成
 15日 13:00 総務に提出する交通費の書類を作成。

 こんな感じだ。

 実際にこれをやってみるとこの計画の通りいかないことが多い。
 緊急の仕事が入ったり、忘れていた仕事を思い出したりと予定はだいぶ狂う。

 だが、思い通りに行かなくても以前の自分よりはかなりマシになった。
 自分には今日の予定がちゃんとあるという意識が以前とは違うのだと思う。

 私は今使っているアプリは「Todoist」というアプリであるが、リマインダーのiPhoneへの通知機能は有料プランとなっている。
 通知機能が要らない人は無料プランで、通知機能が必要という人は有料プランに加入するのもいいと思う。おすすめのアプリだ。

Todoist:やるべきことリスト|タスクリスト App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存