魔法の袋

魔法のように片づく!見つかる!超ファイルの技術
魔法のように片づく!見つかる!超ファイルの技術
刑部 恒男

 今日はアナログ的な仕事術を紹介します。
 探し物をしている時間を合計すると一年で150時間くらいになるそうです。
 非常にもったいないです。
 あの資料はどこに行った?ここにしまったはずだ・・・。
 そんな悩みを解決してくれるのが「WI式ファイル法」です。
 この方法は資料などを大きい封筒に仕事単位で入れ2つのインデックスを付けブックエンドに並べるという極めて簡単な方法です。
 私も最近この方法を実践していますがとても簡単で楽な整理法です。
 私の場合ブックエンドではなく机の一番下の大きい引出しに入れて整理しています。
 私の仕事はそんなに大量の資料を必要としないので、大きい引出しひとつで完結します。
 引き出しを開けラベルを見て資料を出す。30秒もかからず目的の資料にたどり着きます。
しまうときは元の場所に戻すだけ。
 唯一私が工夫した点は、筆者は封筒に直にラベルを書くようですが私は市販のインデックス(シールみたいなやつ)を貼ってます。このようにするとインデックスを貼る位置によっても分類できるのでダブルインデックスではなくトリプルインデックスになるわけです。

業務用インデックス 中
業務用インデックス 中

 皆さんもこの「魔法の袋」を試してはいかがですか?
 ※魔法の整理術! WI式ファイル法・公式サイト

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク