最近知ったGMailのアーカイブボタンの機能

 今日はデジタルもの。
 いまさらで恥ずかしいのですが、GMailにある「アーカイブ」っていうボタンの使い方をさっき理解しました。
 GMailを使い始めたときに一応ヘルプを読んだんですけどよく解らなかったんです。
 以下GMailのヘルプ

メールのアーカイブとはどういう意味ですか。
Google 検索を活用し、受信トレイを整理する手間を省くには、スレッドをアーカイブします。 アーカイブしたメッセージやスレッドは
[すべてのメール] に保存され、検索することができます。
メッセージをアーカイブするには、次をご覧ください。
アーカイブするメッセージの送信者名の横のチェックボックスをオンにします。
[アーカイブ] をクリックします。
[スレッドビュー] でメッセージをアーカイブすることもできます。これには、メッセージの上にある [アーカイブ] をクリックします。
アーカイブしたメッセージに返信メッセージが届くと、そのメッセージを含むスレッドが受信トレイにもう一度表示されます。
アーカイブしたメールを受信トレイに戻すには、送信者名の横のチェックボックスをオンにし、[受信トレイに移動] をクリックします。

 んー。今読んだら理解できました。
 受信トレイにあるメールをアーカイブボタンを押して受信トレイから無くするということですね。
 最初はこれってあまり意味無くない?って思ってたんですが、「返信が必要なメールは受信トレイに置いておく」って自分なりのルールを決めておけば良かったんですね。
 返事を出さなくていいメールは速攻でアーカイブしておけば目障りにもならないし・・・。
 今頃気づくのって遅いですね・・・。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク