iPod shuffleについて思う


shuffle.png


 今日はデジタルもの

 今日、iPod shuffleを購入しました。
 いまさらな感じもしますが、しかも中古。
 あまりこういうものにはなじみがないのですが「英語の勉強」に役に立つかな的なノリで買っちゃいました。

 さて、iTunesとiPod shuffleを繋いで聴きたい音楽を転送するわけですが、自分が聴きたい曲を転送することももちろん可能です。
 でも、おすすめは「オートフィル」という機能です。
 iTunesからiPod shuffleに曲をランダムで転送する機能です。

 AppleのiPod shuffleのサイトには以下のように説明されています。

iPod shuffleとiTunesのオートフィル機能で、毎回違った音楽を聴く体験ができます。iPod shuffleの音楽を入れ替える度に新しい楽しさが生まれるのです。さあ、毎日iTunesとシンクして、「音楽のアドベンチャー」に乗り出しましょう。

 まあ、「偶然を楽しめ」ということなんですね。
 しかしながらとあるサイトでは以下のように書かれています。

シャッフルには時計が入っていないため、最終再生日時は記録されませんが、再生回数等は記録されiTunesと同期します。

 うん。確かに再生回数は更新される。

 で、ここで思ったのですが、「オートフィルは単なるランダムではないのではないか?」という疑問です。

 レートや再生回数、同じアーチスト、同じアルバムとか微妙な計算をしてどの曲をiPod shuffleに転送するかを決めているのではないか?

 まあ、確かめる方法はないのですが、そんな気がします。

 仮にこれが正しいとするならば、パソコンの書類ファイルの管理も似たようなことができないだろうかと思った訳です。

 どなたかこういうソフトを作ってくれないかなーと思って仕様を書いてみます。

 iTunesのような一階層で良いのでエクセルやワードのファイルをドラッグ&ドロップで一覧にし、レートと最終更新日、更新回数を記憶。
 ファイルの種類、レート、最終更新日、更新回数でソートができる。
 一番楽なのはファイルをドラッグ&ドロップするだけでOKということでしょうか。
 わざわざ分類しない管理法になるんじゃないかなと思ったりしてます。

 もしかしたら、すでにそういうソフトがあるかもしれませんね。
 ご存じの方がいらっしゃいましたらご一報を。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク