GTDのすぐやれるものリスト

ストレスフリーの仕事術—仕事と人生をコントロールする52の法則
ストレスフリーの仕事術—仕事と人生をコントロールする52の法則
デビッド アレン, David Allen, 田口 元

 今日はアナログもの。
 今日はGTDの「すぐやれるものリスト」についての考察。
 GTDにおいて「頭の中にあったもの」から2分以内でできることを「すぐやれるものリスト」に転記していますが、私の場合、この「すぐやれるものリスト」を作ったのはいいのですがなかなか消化されない(実行されない)という状態になっています。
 2分以内にできるはずなので黙々とすぐやればいいのですが、いざ実行してみようとすると「あれを調べなくちゃいけない」とか「後回しにしよう」とか邪魔な雑念がどうしても入って来てしまいます。
 さて、これを解消すべく「ストレスフリーの仕事術」再度読み直してみました。
 読み返して気づいたのは、私には「次の行動」というのが抜けていたことがわかりました。
 「その仕事をするに対して次の行動は何か?」という事まで考えていなかったわけです。
 なおかつ「次の行動をできるだけ具体的に書く」というのも重要です。
 「頭のなかにあったもの」から「すぐやれるもの」に転記する際に「次の行動」を常に考え同時に記入することが抜けていたわけですね。
 例えば、「机の近くにゴミ箱設置」というリストがあったとして、
 →100円ショップに行く
 →ゴミ箱購入
 と「具体的な行動」を同時に考えれば行動に移しやすくなるということです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク