私のGTDのやり方。収集編


gtd_1.gif


 今日はデジアナもの。

 今日から数日間にわたって、私が普段どのようにGTDを使って仕事を管理しているかを解説していきます。

 まず、GTDの一番最初の部分の「頭の中の気になること」を全て紙に書き出します。
 どんな些細なことでも書き出します。
 箇条書きでどんどん書き出します。
 「んー、もう頭の中に何もないや!」って思えるくらい書き出します。
 一時間でも、二時間でも、三時間でも、書き出します。

 書き終えたら、これをGoogle Notebookに入力していきますが、Google Notebookは以下のようにしておいて下さい。

  • フル画面にしておく
  • New notebookボタンをを押して「頭の中にあったもの」という名前でノートブックを一つ作る

 Addボタンを押して、先ほど紙に書いたたくさんの「頭の中の気になること」をひとつずつ入力していきます。
 このとき一つの項目を入力するたびにAddボタンを押して次々入力していきます。
 また、入力時に文の最後にそのタスクの見積時間を入れておきます。
 さらに、「どのようにしたら~できるだろうか?」と質問形式にしておきます。

 例えば、「A社宛ての請求書を作る」というタスクが頭の中にあったなら以下のようにしてGoogle Notebookに入力します。

 どのようにしたらA社宛ての請求書が作れるだろうか? 60×2

 このようにして、Google Notebookにどんどん入力していきます。
 全部入力した時の爽快感はかなり気持ちいいです。なぜなら「頭の中にあったもの」は全て忘れていいのです。Google Notebookに全部入力されているんですから。

 GTDについて詳しく知りたい方は ITmediaの下記の記事を参考にしてください。
 ・はじめてのGTD

 明日は、今日入力した「頭のなかにあったもの」を整理していく方法を説明します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク