2007年以降のAppleの戦略

 今日は仕事術・手帳術と関係のない内容です。

 昨日のエントリで「Apple社のCEOであるスティーブ・ジョブスの基調講演で英語の勉強をしよう」と書きましたが、その基調講演を見ていて今後のAppleの戦略について思うところがあるので書きたいと思います。

 今回の基調講演ではiPhoneがメインのように見えます。我々消費者は「すごい携帯電話が出る。欲しい!」となる訳ですが、スティーブ・ジョブス氏の頭の中にはもう少し違った戦略があるのではないでしょうか?

 基調講演前半ではApple TVの説明がされていました。
 動画や音楽、写真を自宅の大型テレビで見ることができます。ビデオはテープやDVDで見るのではなくて、MAC上のiTunesで管理された動画で見るという新しいスタイルが登場したわけです。

 ここでポイントはMAC上の「iTunesで管理された動画」という点です。

 iPodの音楽もiTunesで管理されています。
 iPhoneの音楽もiTunesです。
 Apple TVの動画もiTunesです。

 おそらく今後iPhone上のアドレス帳、カレンダー、Bookmark全てがiTunes上で管理できるようになるのではないでしょうか?
 そうであるならば、2007年以降のAppleの戦略は、

 様々なデジタルコンテンツをiTunes上で管理する

 ということではないでしょうか?
 しかも、iTunesはWindowsでも動作します。

 MicrosoftがZuneを発売しても後の祭りです。

 iTunesが動けばOSはOS XでもWindowsでもLinuxでも何でもいいのかもしれません。
 基調講演の最後で社名をApple Computer からAppleに変更したのも、こういった理由からではないでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク