スティーブ・ジョブスで英語の勉強

 今日はデジタルもの。

 Appleから発表された「iPhone」、なかなかいいですね。
 日本での発売は未定だそうですが、発売になったら是非購入したいです。

 さて、そのiPhoneですが2007年のApple社のCEOのスティーブ・ジョブス氏が基調講演で自ら紹介しています。
 この基調講演の様子は動画で見ることができます。

 http://events.apple.com.edgesuite.net/j47d52oo/event/

 私も一通り見てみました。
 やはりプレゼンテーションがうまいです。見ている者を惹きつけるパワーがあります。

 さて、この基調講演を見ていて気が付いたのですが、英語でプレゼンテーションしているのになんとなく内容がわかってしまうということです。
 写真や図や表をたくさん使っていることもあり、英語がちんぷんかんぷんの私でも、なんとなく内容が伝わってきます。
 IT関係の用語は日本でも英語の発音そのまんまのものが多いせいかもしれません。

 
 この基調講演を見ての私の理解度は10%くらいですが、4,5回見たらもっと内容が解るようになると思います。
 こういった自分の興味のあるものから英語を学んでいくことは、英語を理解する近道かもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク