後悔を先にする

 今日はアナログもの。

 本田 健氏の「きっと、よくなる」という本にこういったのが書かれていました。

 このままの人生を過ごすとして、五年後、十年後、二十年後、死ぬ前の自分を想像してみます。そのときの自分が、「もし何か後悔するとしたら、それはいったい何か」を考えるというのです。

 なるほど、後悔することを先に考えることによって、今の自分に足りないものを導き出す手法です。
 私たちは過去のことについて後悔しますが、未来のことについては後悔しません。
 この手法を用いることによって、今自分が何をするべきか、何をしたら後悔しないかがはっきりするわけです。

 五年後、十年後の自分がどうなっているのか、どうなっていたいのかを明確にすることは、自分の人生の計画にも繋がります。
 未来の自分が現在の自分に問いかけるということを想像するだけでも効果がありそうです。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク