「成功哲学」を読み終えました

 今日はアナログもの。

 ナポレオン・ヒル著、「成功哲学」を読み終えました。
 なかなか良い本だと思ったので、自分のメモ代わりという意味も込めてご紹介。

成功哲学—あなたを変える素晴らしい知恵の数々
ナポレオン・ヒル 田中 孝顕
エス・エス・アイ (2001/08)
売り上げランキング: 23442
おすすめ度の平均: 5.0

5 もちろん星5!!!
5 今の日本に必要な書物
5 時代を超えた普遍的なメッセージ

■自分の心を知り、自分の人生を生きよ

 人間は自分の心の自治権を天から与えられている。自分の心を自分で決めるということがいかに素晴らしいものであるかということを知っておかなければならない
 P19

 自分の人生は自分のものであるという原則。自分の目標を見つけて、それを達成することが、自分の人生を生きるということにつながる。

■成功とは、自分自身の人生を生きること

 人が不幸になることの原因の多くは、他人の人生にばかり干渉して、自分の人生のための努力を怠ることである。
 P84

 自分は自分であるということの原則。まわりに振り回されたり、干渉されたりして、自分を見失うことが成功を遠ざける。


■あなたのすべてを左右する信念の力

 あなたが人生で成し遂げることは、あなたが何を考えるかで左右される。これはあなたの内面の潜在意識に形成された「信念」に左右されるのだから、結局は、人生はあなたの信じる力に左右されるということが理解できるだろう。
 P117

 思考は行動をコントロールする。行動するには、まず頭の中で考えなければならない。思考に信念があれば行動も信念があるということになる。

■富を分かち与えると、よりいっそう多くの富を得る

 人間が自分の持つ富(金、時間、サービス、親切、そして愛)を分け与えるとき、自分も豊かな富を手に入れるものだ
 P127

 人間の幸福と心の平安は、さまざまな形の富を分かち合うことにかかっている。
 P130

 富とはお金に限らない。その富を他人と分かち合うことによって、自分も富を得る。物質的にも精神的にも。
 誰かの富をむしり取っても心の富は得られない。

■過去の扉を閉じよ

 いやな経験、失望、挫折への扉は閉じてしまうのだ!そうすれば、素晴らしい魔術師である「時」が、過去の悲しみや失敗を瞬時に消し去ってしまい、代わりに成功や幸福を得るチャンスを与えてくれるのだ。
 P148

 自分の未来を変えるのは、過去ではなく現在であるということ。

■心の内に宿る無限の叡知の声に耳を傾けよ

「人生という旅の途上には、人生のジャングルがある。この黒い森林の中を、人間は一人で進まなければならない。
 その森林の中では、敵を倒すだけではなく、自分の心の葛藤と動揺を克服しなければならない。
 人間の魂は、それが生まれ出た”偉大なる永遠の水源”へと戻って、”無限の叡知”の一部となる。
 お前は”偉大なるの叡知”の導きのもとにいる。そしてお前は、自分自身の主人でもある。お前は人生のジャングルを無事通り抜けた。今度は、お前は他の人間が黒い森林を通り抜けられるよう案内役を果たすのだ。」
 P190

 自分の中の「無限の叡知」とコミュニケーションによって自分が成長する。広い視野を持てば、様々な問題も「自分にとっては何も問題ではない」ということ。

■心の中に富を築こう

 あなたの心が本当に富への可能性を感じ取れば、あなたは周りにある富の形成のためのチャンスを十分に活かすことができる。
 P202

 「『黄金律』とは、相手と立場が入れ替わったときに、自分がしてほしいと思うことを、相手に対して行うべきだ、という意味である」
 P213

 富に関する自分の可能性に気づくこと。富とは心の平安のこと。
 黄金律との調和によって、富は得られる。

■金の主人は誰か?

 心の平安が保てるのは ー 彼が金の主になったときだ。
 心の平安が保てないのは ー 金が彼の主になったときだ。
 P225

 お金と心の平安の関係。
 お金があってもお金が自分の主になってしまえば、心の平安は得られない。
 極論として、お金が心の平安の邪魔をするのであれば、お金はない方がいい。

■恐怖を取り去れば、自由な生き方ができる

 恐怖は人間が作った悪魔である。自身を持つという信念は、この悪魔を倒すための武器である。また、輝かしい人生を築くための道具でもある。しかも、それだけではない。自信は、大自然の偉大な力と結びついて、人の後押しをしてくれるのだ。失敗や敗北は一時の経験にすぎないからと、気に止めない人の後押しをするのだ。
 P269

 恐怖を乗り越える為には、その恐怖を知ること。

■エンスージアム(熱意)が人を、そしてあなたをも動かす

 あなた自身が信じていないことは、口で言っても、書いても、また、どのような行動をしてみても、他人を動かすことはできない。
 P289

 熱意の重要性。
 同じ行動でも熱意があるのとないのでは結果が違ってくる。
 自分自身に対しての熱意も必要である。

■成功のためのパフォーマンス

 この成功意識というのは、必ず成功を引き出すものだ。そのキーが自我なのだ。自信のある信念に満たされ、自分に合った手段によって支えられた自我なのだ。
 P323

 自我がキーワード。
 強い自我を持つこと。自我は自分を強く賢くしてくれる。
 自我を押し上げる方法を見つける。

 

■「代償」を支払うことを怠るな

 過剰というものは常に、欠乏を引き起こし、欠乏は過剰を引き起こすものである。どんな甘いものにも酸味が伴い、とんな悪にもそれぞれに善が伴う。快楽を生じるすべての機能は、乱用すればそれ相応の罰を受ける。一つの分別にも、一つの愚行が対応している。何かを失うたびに、その代償として必ず何かを得る。何かを得るたびに、その代償として何かを失う。
 P349

 代償の法則。
 不遇も長くは続かない。また、成功も長くは続かない。
 良心に従って得を積むことが、自分に報いてくれる。

■富と平安をともにもたらす基本的な心構え

 平安な心で富を享受できる人生は、PMAすなわち「積極的心構え」を持つ人間のもとに、最もよく訪れる。確固とした願望や目標を持てば、心の姿勢はおのずとPMAとなり、願望や目標へと自分を推進してくれる行動力を持続させるパワーも、ここから生じてくる。
 P362

 積極的心構えは、成功を目指す回路を作り出す。モチベーションも上がる。

■心安らかに、最高の自分を生きようではないか

 だが、覚えておいてほしいのは、すべての富の中で最高の富(=心の平安)は、それを所有する人しか知らないということである。
 P386

 心の平安はお金では買えない。しかし、心の平安を得たいと思えば誰でも得られるものである。

感想

 この本は、テクニック本ではなく、精神論というか哲学論です。
 普段「心の平安」なんて気にしなかったのですが、「心の平安」を真剣に考えてみるいいきっかけになりました。

 同著者による「思考は現実化する」の精神論部分を抜き出した感もありますが、この本はこの本で完結しているので、「思考は現実化する」を持っている人でも買って損はないです。

思考は現実化する—アクション・マニュアル、索引つき
ナポレオン ヒル Napoleon Hill 田中 孝顕
きこ書房 (1999/04)
売り上げランキング: 5240
おすすめ度の平均: 4.5

3 終焉
4 斉藤孝先生も推薦の自己啓発のバイブル
5 出会えてよかった

関連エントリ
仕事の価値を自分の中から見いだす
成功とお金

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク