話し方入門 第3章:有名演説家はどのように準備したか

 今日はアナログもの。

 昨日のエントリでは「準備の重要性」について書きました。
 スピーチに限らず、様々なことにおいて準備は重要です。さて、演説で有名な人たちはどの様な準備をしていたのでしょうか。

 以下の引用部分は英国の哲学者、ハバート・スペンサーの言葉です(D. カーネギー著、「話し方入門」より)。

「知識が整理されていない時、その量が多ければ多いほど思考の混乱は大きくなる一方だ」
 P53

 私たちは、毎日たくさんの情報を頭の中に入れます。
 人に伝えたいことがたくさんあればあるほど、それを人に伝えることは困難になります。
 人に伝えたい情報の整理をし、ポイントはどこであるかを押さえ、情報を意味のある順番に並べ替えなければなりません。

 では、伝えたい内容をどのように並べ替えればいいのでしょうか。

 故ラッセル・E・コンウェル博士、有名な「Acres of Diamonds(山のようなダイヤモンド)」の著者ですが、彼が生前私に語ったところでは、数えきれないほどの彼のスピーチは、以下の大筋沿って構成したとのこと。

  1. 事実を述べる。
  2. それを出発点として議論する。
  3. 行動を呼びかける。

次のプランも、多くの人に役立ち、励ましとなっています。

  1. 問題点を挙げる。
  2. その改善案を示す。
  3. 行動を呼びかける。

またこれの変形で

  1. ここに改革を必要とする状況がある。
  2. これについて、これこれのことをしなければならない。
  3. だから協力してほしい。

時にはもっと別の角度から

  1. 興味をそそる。
  2. 信頼を得る。
  3. 事実を述べて、聞き手に自分の提案の利点を教える。
  4. 人を行動させる動機に訴える。

 P61-62

 以上のような文章構成のパターンを身につけておくと、情報は人に伝えやすくなります。
 また、スピーチの準備をする際にも、上記のパターンに当てはめることによって、情報も整理しやすくなります。

 さて、有名な演説家も一般の私たちも、スピーチの準備をする上ではなんら変わりはありません。
 スピーチの準備をするという段階では、おおよそ以下のようになるのではないでしょうか。

「話し手は、自分のテーマについて熟知していなければならない。それについてありとあらゆる事実を集め、整理し、検討し、そしゃくするべきである。
 (中略)
 そして、それらが事実であって、単なる憶測や独断でないことを確認する。
 (中略)
 事実を収集し整理したなら、そこから必然的に導き出される結論を自分の頭で考え出す。
 (中略)
 あとは、まとまった考えをできるだけ明確に論理的に書き出しておくこと」
 P62-63

 では、有名な演説家と私たちでは何が違うのでしょうか。

 チョーンシー・M・デビューは、鉄道会社会長や上院議員を務めるなど、きわめて多忙な人物でした。しかしそんな中でも、ほとんど毎晩のようにスピーチの練習をしたのです。「仕事に差しさわるようなことはしなかった。だからスピーチの準備は、夜遅く仕事から帰ったあとに限られた」と、彼は言っています。
 P73

 そうです。練習です。
 スピーチの技術を向上させるには練習しかないのです。
 いくら完璧に準備をしても、練習をしなければスピーチの技術は向上しません。

 私たちは必要に迫られなければスピーチの練習はしません。しかし、いつ何時スピーチをすることになるかもしれません。
 自分のスピーチの技術を向上させるためにも、時間を作って練習することは、人生を豊かにするのではないでしょうか。

■関連エントリ
話し方入門 まとめ
話し方入門 第12章:言葉づかいを改善する(手帳2.0)
話し方入門 第11章:聴衆に興味を起こさせる方法(手帳2.0)
話し方入門 第10章:わかりやすく話すには(手帳2.0)
話し方入門 第9章:スピーチの終わり方(手帳2.0)
話し方入門 第8章:スピーチの始め方(手帳2.0)
話し方入門 第7章:話し手の態度と人柄 (手帳2.0)
話し方入門 第6章:上手な話し方の秘訣 (手帳2.0)
話し方入門 第5章:スピーチの成功に欠かせないもの (手帳2.0)
話し方入門 第4章:記憶力を増進する(手帳2.0)
話し方入門 第2章:自信は周到な準備から (手帳2.0)
話し方入門 第1章:勇気と自信を養う (手帳2.0)

話し方入門 新装版
話し方入門 新装版

posted with amazlet on 07.04.19
D. カーネギー Dale Carnegie 市野 安雄
創元社 (2000/09)
売り上げランキング: 4081
おすすめ度の平均: 4.5

3 良本ではあるが...
3 Not Carnegie’s best book
5 話の種にも

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク