話し方入門 まとめ

 今日はアナログもの。

 12回にわたって、D・カーネギー著の「話し方入門」からいろいろと考察してきました。
 今日はそのまとめを箇条書きにしていきたいと思います。

第1章:勇気と自信を養う

  • 持続的な願望を持つ
  • 準備は怠りなくすること
  • 自信満々に振舞うこと
  • 練習を積むこと

第2章:自信は周到な準備から

  • 自分の思いや願望を組み立てる
  • 自分の信念を育てること
  • 多くの素材を集めること

第3章:有名演説家はどのように準備したか

  • 伝えたい事の並べ方 その1
    1. 事実を述べる
    2. それを出発点として議論する
    3. 行動を呼びかける
  • 伝えたい事の並べ方 その2
    1. 問題点を挙げる
    2. その改善案を示す
    3. 行動を呼びかける
  • 伝えたい事の並べ方 その3
    1. ここに改革を必要とする状況がある。
    2. これについて、これこれのことをしなければならない。
    3. だから協力してほしい
  • 伝えたい事の並べ方 その4
    1. 興味をそそる。
    2. 信頼を得る。
    3. 事実を述べて、聞き手に自分の提案の利点を教える。
    4. 人を行動させる動機に訴える。
  • スピーチの準備の仕方
    1. 事実を集め、整理し、検討し、そしゃくする
    2. 憶測や独断でないことを確認する
    3. 結論を自分の頭で考え出す
    4. 明確に論理的に書き出しておく

第4章:記憶力を増進する

  • 記憶システムとは
    • 印象づけ
      • 視覚と聴覚を同時に使う
    • 反復
      • 反復と反復の間を開ける
    • 連想
      • 事柄に関連性を持たせる

第5章:スピーチの成功に欠かせないもの

  • 学習曲線におけるプラトー(平坦部)が出ても諦めないこと
  • 信念を持って根気強く練習を続けること
  • 「スピーチがうまくなりたい」と強く思うこと

第6章:上手な話し方の秘訣

  • 普段おしゃべりしている口調を使う事
  • オリジナリティーあふれる話し方をする事
  • 重要な言葉を大きな声でいう事
  • 声の調子を変える事
  • スピードを変える事
  • 間を上手に使う事

第7章:話し手の態度と人柄

  • スピーチの前には疲れを取っておく
  • スピーチの前の食事は控え目に
  • 服装を整えておくこと
  • 聴衆を一ヶ所に集める
  • 壇には上がらない
  • 表情を見やすくしておく
  • 背景には何も置かない

第8章:スピーチの始め方

  • 出だしは重要である
  • ユーモラスな話で始めない
  • 好奇心をかきたてる話で始める
  • 具体的な例を用いて始める
  • 何か品物を見せて始める
  • 何か質問をして始める
  • 著名人の言葉を引用して始める
  • ショッキングな事実を示して始める

第9章:スピーチの終わり方

  • スピーチの終わり方を重要視すること
  • 前もって終わり方を練習すること
  • 終わり方を複数用意しておくこと
  • 終わり方の例
    • 要点をまとめる
    • 行動を起こさせるような終わり方
    • 聴衆を褒める終わり方
    • 笑わせて終わる
    • 詩句を引用して終わる
    • 聖書等の言葉を引用して終わる
    • 話しを盛り上げながら終わる
  • 聴衆がもうちょっと聴きたいと思うところで終わる

第10章:わかりやすく話すには

  • たとえを多く用いる
  • 専門用語は避ける
  • 視覚に訴える
  • 別の言葉で言いかえる
  • 一般的な例と具体的な例を使う
  • 多くのことに触れない
  • 要点をまとめる

第11章:聴衆に興味を起こさせる方法

  • 平凡な事柄の非凡な事実を話す
  • 聴衆が一番興味を持つのは聴衆自身の事である
  • 話上手になるにはまず聞く事
  • 美化されたうわさ話をする
  • 具体的に話す
  • イメージしやすいように話す
  • 対照をうまく使う
  • 自分が話に興味を持つ

第12章:言葉づかいを改善する

  • 母国語を正確に美しく使いこなすこと
  • 読書をすること
  • 辞書をふんだんに使う事
  • 派生語を調べること
  • 使い古された言い回しをしない
話し方入門 新装版
話し方入門 新装版

posted with amazlet on 07.04.19
D. カーネギー Dale Carnegie 市野 安雄
創元社 (2000/09)
売り上げランキング: 4081
おすすめ度の平均: 4.5

3 良本ではあるが...
3 Not Carnegie’s best book
5 話の種にも

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク